モギモギBLOG

紙ナプキンは冷えピタ状態 黄土よもぎ蒸し

紙ナプキンと陰部が接触する部分には、高分子ポリマーという吸収材が入っています。

この高分子ポリマーは、保冷材や熱冷まシートにも使用されているもの。

つまり、紙ナプキンを使用することは、

生理中、常に、陰部を冷えピタ状態にしている、ということ。

陰部を冷やせば、子宮も冷えます。

子宮を冷やした方が良い時期というのはありません。

子宮は、常に温め、ポカポカしている必要があります。

布ナプキンは、重ね着をしているのと一緒で子宮を温めてくれます。

布ナプキンを始めたいけど、

扱いずらそうでお悩みの方、

是非ご相談くださいね。

黄土よもぎ蒸しで子宮をぽかぽかに。

 

大船駅西口 徒歩3分

黄土よもぎ蒸しサロン

mogimogi-モギモギ-

ご予約はこちら

https://reserva.be/mogimogi0608/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。